レーシック

レーシック

メガネ無しの生活を手に入れるために!

セブンショップK > レーシック

レーシック 老眼

メガネの必要な生活。慣れてしまえば苦にならないのかもしれません。
でも、私は、ずっと目が良かったんです。40代の中頃までは、ずっと左右の視力は1.5でした。
でも、とうとう老眼が始まりました。
近くのモノがさっぱり見えません。
PCを操作する時は、老眼が欠かせなくなってしまいました。
最近では、買い物に行っても、細かい字が見えなくて困るので、メガネ持参です。

まあ、対して邪魔になるわけでもありません。老眼鏡を持ち歩いていれば、済むことではありますが、出来る事なら、自分の目で見たい。

色々、調べてみましたが、老眼を治す方法っていうのは、ないようですね・・・

最後の砦は、やはり、レーシックのようです。

まずは、情報集めという事で、いろいろ調べてみました。

レーシック手術

簡単な手術と言われるていますが、それでも体にメスを入れるわけです。
失敗したら・・・とか、副作用とか、色々、心配な事はあるので、まず、これについて、調べてみました。

まず、失敗の代表例は「過矯正」です。
文字通り、矯正し過ぎで、近視だった人が正常を通り越して、遠視になってしまうようなものです。
こうなると、目は無意識のうちに、ひたすらピントを合わせようとするため、極端に負荷がかかって様々な弊害を引き起こすそうです。

こういうのを聞くと、手術は怖いと思ってしまいますが、本当に怖いのは、手術そのものではなく、適切な施術が出来ない事の方ですよね。

やはり、多くの手術を経験して、正確なデータを持っている病院で、施術してもらうのが、無難という事です。
品川近視クリニック

レーシック トップへ戻る